ホーム  >  特集  >  知りたい ! フルーツQ&A

知らないと後悔する !? 柑橘のチカラ

知りたい ! フルーツQ&A

フルーツについての疑問を中野先生にお答えいただきました。

Adviser
中野 瑞樹先生
国際フルーツ協会 代表
和歌山県出身。京都大学卒(農学修士)。元アメリカ 国立海洋大気局客員研究員。元東京大学工学部教員。
2009年9月より水もお茶も飲まないフルーツ中心の果実だけの食実験を実践中。“元東大教員、身体を張るフルーツ活動家”として「マツコの知らない世界」「林先生が驚く初耳学」など、テレビ出演多数。
糖質が心配。どれ位食べて良い?
食べなさすぎに注意!
毎日最低200gは摂りましょう

糖質の含有量について、チョコレートを100とすると、バナナ42、ぶどう30、みかん22、メロン19、もも18、いちごは14しかありません。「フルーツは甘いから糖が多い」は誤解です。
また「フルーツの食べ過ぎは注意」とよくいわれますが、日本人の1日の生フルーツ摂取量は96g。先進国では最下位です。農林水産省は、栄養を多く摂取することができるとして健康のために毎日フルーツを200g以上摂取すること(『毎日くだもの200グラム運動』)を推進しています。
200gとは、温州みかん(M寸)ならおよそ3個分。食べなさすぎこそ注意すべきです。

食べるタイミングは食後が良い?
食後はNG!食前・おやつ・朝イチに

病気やお見舞いのときにフルーツが選ばれるのは、栄養豊富で消化が良いからです。
食後に食べる「後フル」習慣が一般的ですが、単体なら消化の良いフルーツも、後フルでは、他の食物と混ざって、消化に何時間もかかってしまいます。また、空腹時であれば血糖値が上がりにくいことも分かっています(低GI)。
せめて食事の始めに食べる「先フル」、おすすめは食事の15分程度前に摂る「前フル」です。食後であれば、2時間半くらい間を置きましょう。また、朝一番に水分の多いフルーツを食べるのは、乾いた喉や体も潤してくれるのでとてもおすすめです。

おいしいみかんを見分けるコツは?
皮にハリがあり、ずっしりしたものを

実と皮にすき間があるようなものは避けて、皮にハリがあり、果肉が詰まってずっしり重みがあるものを選びましょう。温州みかんでは、小さいサイズの方が、味が濃いものが多いです。特に、おしり周りがボコボコしたみかんはとっても濃厚!
ただし、静岡産に多く見られる蔵出しみかんは、大きいサイズの方が、コクがあります。

みかんの保存方法は?
冬場の保存は常温で風通しの良い場所に

冷蔵庫に入れる必要はありません。直射日光の当たらない、通気性の良いところで常温保存しましょう。また箱に入ったみかんは、速やかに箱から出して傷みのあるものを取り除き、通気性の良い入れ物に入れ替えましょう。

捨てちゃダメ! みかんの皮の有効活用 中野瑞樹流 特製みかん風呂

みかんの皮を捨てるなんてもったいない! 干した温州みかんの皮は、“陳皮”と呼ばれ漢方薬の原料として用いられています。今回は、体の芯まで長時間ポカポカ、お肌がスベスベになると評判の、中野瑞樹流“特製みかん風呂”の作り方を教えていただきました。
※皮が薄い、温州みかんが最適。ただし、みかん風呂の残り湯は、色が付くため洗濯には不向きです

白い方を上にしてみかんの皮をカラカラに乾かす
※カビを防ぐため、重ならないように。長期に保存する場合は、虫が付かない密閉容器で

目の細かい洗濯ネット(円柱形がおすすめ)にみかんの皮を詰める
※目安はS寸30個、M寸24個

浴浴槽に3割程お湯を張り、❷を入れる。みかんの発酵を防ぐため、❷に風呂桶をかぶせ半日置く
※風呂桶の空気は、なるべく抜く

お湯を足し、浴槽から❷を取り出し入浴。だんだんとお湯が濃い緑色に変化します。
※浴槽に色が付くのを防ぐため、その日のうちにお湯を抜き洗ってください

あわせて読みたい記事

ページの先頭へ▲


このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。