ホーム  >  特集  >  プロに聞く! リフォーム成功のコツ

キレイなお部屋で心機一転 ! マンションリフォーム事始め

プロに聞く! リフォーム成功のコツ

せっかく費用と時間をかけてリフォームをするなら、絶対に成功させたいですよね。多くの住宅のリフォームを手掛ける“リフォームのプロ”から、成功のコツを学びましょう。

Adviser
室井 國孝さん
株式会社LIXIL
トータルサービス神奈川営業所
リフォームショップ課 課長
今の住まいに対する不満・不便を洗い出そう

初めに、お部屋のどの部分をどのように変えたいのか、何のためにリフォームをしたいのかという「目的」を明確にしておきくことが大切です。

リフォーム成功のコツ!

まずは予算を抜きにして、今の住まいの問題点や希望を考えてみましょう。同居家族がいる場合は家族全員で話し合ってみましょう。実は、リフォーム直前になって家族間の意見が合わず、リフォームがうまくいかない例もあります。さらに優先順位をつけておくことで、予算やプランを検討する時の道しるべになり、リフォーム計画を進めやすくなります。また、年内や、長期休暇の間に工事して欲しいなど、期限も明確にしておきましょう。

情報を集めてイメージを具体的に

優先順位に基づき、実際にどのようなリフォームができるのか、情報を集めてみましょう。インターネットやカタログで調べたり、実際にショールームに行ってみるのも良いでしょう。

リフォーム成功のコツ!

実際の商品やリフォーム例を見ると、ついつい高価でおしゃれなものが目に入りがちです。しかし、実際の部屋の間取りや雰囲気に合うリフォームを想像できるよう、当初の目的に沿って冷静に検討しましょう。

施工店に相談しよう

リフォームを手掛ける施工店は、専門業者や近隣の工務店、住宅設備会社などさまざまですが、店舗・営業所がマンションの近隣にあり、親身に相談にのってくれる施工店が望ましいもの。概算見積りまでは無料のお店がほとんどですので、気軽に相談してみましょう。

リフォーム成功のコツ!

「一度見積もりのお願いすると断れなくなるのでは」と思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。じっくり検討するためにも別の施工店に話を聞き、比較してみましょう。他店と比較していることを伝えた途端に態度が変わったり、その場で値引きを提示して即決を求めるような施工店よりも、こちらの疑問や不安に丁寧に答えてくれる施工店ですと安心です。

最適なプランを検討

最適なリフォームプランは、実際の部屋を見てみないとわかりません。施工店の担当者に自宅を見に来てもらい、プランを提示してもらいましょう。伝えている目的や予算に沿ったプランになっているか、無駄や不足がないか、素人だから分からない!と思わずに納得のいくまできちんと確認しましょう。一般的に、1回目のプランは無料で作成してくれることが多く、2回目からは施工店により異なる場合がありますので、担当者に確認するようにしましょう。また、ここで管理規約の確認もお忘れなく。工事内容が規約に違反していないか、念のため理事会へ相談しておきましょう。

リフォーム成功のコツ!

担当者には、何をしたいかだけでなく、「どうしてそうしたいのか」「何に困っているのか」を伝えるのがおすすめ。相手はリフォームのプロですから、困りごとに応じて考えていなかった新しいプランを提示してくれることもあります。また、予算をオーバーしてしまいそうなときは、どのようにしたら収まるかを担当者へ相談してみましょう。

発注→工事

プランが決まったらいよいよ発注・工事です。見積書と最終的な発注書に差異がないか、最終確認を忘れずに。併せて工事の前後に両隣と上下階のお部屋には施主としてきちんと挨拶へ行きましょう。工事中は常に見ている必要はありませんが、盗難や破損等のトラブルを防ぐためにもすべて任せっきりにしないこと。これは、施工店・職人さん側にリスクを負わせないための配慮でもあります。

リフォーム成功のコツ!

もし工事中にどうしてもプランを変更したくなったら、できる限り早めに担当者や施工店に伝えましょう。簡単そうに見えることでも、気軽に職人さんにお願いしてはいけません。工事中のプラン変更は思いのほか金額が上がることもあるので慎重に。

引き渡し

工事が無事終わり、ついに引き渡しです。発注どおりになっているか、傷や不具合はないかをきちんと確認しましょう。アフターフォローについての確認も忘れずに。

リフォーム成功のコツ!

家電製品などと同じく、リフォームにも保証期間内なら無料で直してもらえる制度があります(ただし消耗品、地震等の天災や使用状況による故障不具合等は有償になる場合もあります)。一定額を支払うことで保証期間を延ばせる施工店もありますので、事前にきちんと確認しておきましょう。故障などの際、どちらに連絡してどのような流れになるのかも聞いておくと安心です。

あわせて読みたい記事

ページの先頭へ▲


このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。