ホーム  >  特集  >  はじめてのインドアガーデニング 緑のある暮らし(室内でも楽しめるガーデニングテクニック)

はじめてのインドアガーデニング 緑のある暮らし

前編はこちら

室内でも楽しめるガーデニングテクニック

多肉植物の寄せ植えやミニ盆栽など、室内でも楽しめるガーデニング法をご紹介します。

Adviser
原 由紀子さん
生活園芸家。園芸装飾技能士。㈱日比谷花壇に9年半勤務後、園芸高校や専門学校で講師を務めるほか、幅広い年齢層に園芸の楽しさを伝える。

1.多肉植物ディッシュガーデン

植物:雅楽の舞、黒法師、12の巻、エケベリア、セダム

ぷっくりかわいい多肉植物を大皿に寄せ植えした小さな箱庭「ディッシュガーデン」。多肉植物をパチンとハサミで切って挿し込むだけで、数ヶ月後には発根して定着します。ただし、水をあげすぎると根腐れするので要注意です。

材料

お好みの多肉植物数種類/サボテン用土/ケイ酸塩白土/ケト土/お好みの皿/多目的ボンド(又は貼ってはがせる接着剤)/装飾品(溶岩)

用意する道具:割りばし/ハサミ/霧吹き/土入れ

作り方

1

皿に溶岩をボンド等で接着して土台を作り、多肉植物を植え込むスペースを作る。土が漏れないように、粘土質のケト土で隙間を埋める。

2

1で作ったスペースに、ケイ酸塩白土を敷き、その上にサボテン用土を入れ、霧吹きで表面を軽く湿らせる。

3

お好みの多肉植物を、好きな形にハサミで切って植え込む。 ポイント まず葉が大きくて目立つ多肉植物を配置し、バランスを見ながら、そのまわりに細かい葉のものを植えていきます。

2.エアプランツのオブジェ

植物:チランジア ブルボーサ、チランジア ココエンシス

土がなくても育つエアプランツは、木工用ボンドを使って付け植えできます。ワイヤーで固定してもOK。コルクボードや写真立て、壁など好きな場所に飾れます。

材料

お好みのエアプランツ数種類/木工用ボンド(ワイヤーでも可)/コルクボード

作り方  ※今回はアルミワイヤーを使う場合

1

コルクボードの設置したい箇所に錐(きり)で穴を開けておく。

2

クラフト用のアルミワイヤーをエアプランツに巻きつける。太目のワイヤーを円錐状に巻いてワイヤークラフトのようにデザインしたり、目立たないように細いワイヤーを使って根元を固定するだけにしたりして、お好みでアレンジを。ただし、強く巻くと植物を傷つけてしまうので要注意。また、巻きつける際には、コルクボードボードへ固定するのに必要な長さを残しておく。

3

1であけた穴に2のワイヤーを通して、コルクボードボード裏でワイヤーを結びとめる。

3.ミニ盆栽

植物:写真左/ドラセナ、右/デンドロビウム、セラギネラ

敷石やコケなどをあしらい大地を表現するなど、まるで自然そのままのような風情を一鉢に再現するのが、盆栽の醍醐味。手のひらサイズのミニ盆栽なら気軽に楽しめます。

材料

お好きな花物(デンドロビウム、カランコエ、セントポーリアなどがおすすめ)/お好きな観葉植物数種類/セラミス/お好みの和食器

用意する道具:割りばし/土入れ

作り方

1

器の高さ1/3までセラミスを入れる。

2

花物、観葉植物の根を傷めないように土をほぐす。

3

植物の配置を決めて、花物、観葉植物の順番に植え込む。

3

表面の土を整えたら完成。

4.テラリウム

植物:ガジュマル、フィットニア、ペペロミア、ピレア・グラウカ、シンゴニウム

ガラスの容器などで植物を栽培する手法を「テラリウム」といいます。こちらは、観葉植物を寄せ植えし、動物のフィギュアを飾って、小さなジャングルを再現してみました。観葉植物は多湿を好みますが、ガラス瓶の中は湿度が保たれやすいので、水やりは霧吹きでおこないます。植物が成長したら、器から飛び出さないように適宜剪定をします。

材料

用土(赤玉土・小粒)/バーミキュライト/ピートモス/川砂/くん炭/ケイ酸塩白土/ミニ観葉植物/ガラス瓶/装飾品(動物のフィギュアなど)

用意する道具:割りばし/霧吹き/タオルペーパー/ハサミ/土入れ

作り方

1

用土(赤玉土・小粒)、バーミキュライト、ピートモス、川砂、くん炭を同量ずつ混ぜる。

2

ケイ酸塩白土をガラス瓶の底に入れ、1の用土を入れる。その際、用土は中心部分が高くなるようにする。

3

観葉植物を植え込む。まず、現在の草丈とともに、その植物の成長を考慮しながら配置を決める。ポイントは、どれを中心に配置するか決めること。決まったら中心になるものから植えて、その他の植物を周りに植えていく。植えるときには、割りばしで穴を掘り、そこに観葉植物を入れて、周囲の土を株元にかけると良い。

3

装飾品を飾る。

3

植物及び、ガラス瓶内に霧吹きで水をかけ、タオルペーパーで器内の汚れを取ったら完成。密閉率を高めるには、サランラップでフタをすると良い。

インドアガーデニングを楽しむコツ 詳しい情報はコチラ

ページの先頭へ▲


このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。