ホーム  >  特集  >  年末片づけ大作戦

年末片づけ大作戦

“「捨てて」&「しまって」スッキリわが家

2013年も残すところあと1カ月。
「今年こそお部屋をスッキリ片づけたい!」。
そんなあなたにおすすめしたい“片づけテクニック”をご紹介します。

Adviser
中山真由美さん
インブルーム取締役。整理収納アドバイザーとして、個人から不動産会社まで幅広く、収納コンサルティングを行うほか、セミナー講師なども務める。テレビや雑誌などのメディアでも活躍中。

片づけの基本を押さえてルールを決める

不要なものを手放すことで余裕のある収納スペースを確保し、それから“しまう”ルールを決めて収納するとうまく片づけられます。どこに何があるかひと目でわかるようにしておき、出したものを簡単に“しまう”ことができるような収納ルールをつくると片づけがラクなだけでなく、散らかりにくくなります。
片づけの基本は“捨てる”&“しまう”こと。そのルールをご紹介します。

“捨てる”ルール
●全部出す
収納場所からものを全部出して床の上に広げてみましょう。忘れていたものがたくさんあることに気づきます。
●仕分ける
1つずつ要・不要の山に分けていきます。長く考えてしまうと決心が鈍るので、5秒以内に判断を!
●捨てる
どうしても捨てられないものは、保留にしてもOK。ただし、期日シールを貼り、半年〜1年ごとに必ず見直しをしましょう。
“しまう”ルール
●グループをつくる
例えば「便せんと封筒、切手」など、一緒に使うものをグループ分けしておくと便利です。
●使う場所のそばにしまう
ごみ箱の近くにストックのごみ袋を収納するなど、動線を考慮。出す・しまうがラクで、キレイをキープできます。
●ぎっしり詰め込まない
詰め込みすぎるとものが戻しにくく、散らかる原因に。ものの量は収納スペースの7~8割までを目安に。

Tシャツの上手なたたみ方

Tシャツ

両足の靴下を重ね、足首の部分を手前に折ります。

足首の輪の部分を広げて、そこにつま先部分を入れ込みます。

しずかに手を引き抜けば、できあがりです。

クローゼットの中でバラバラにならず、形もそろうので、すっきりきれいに収納できますよ!

Tシャツ

Tシャツを、自分の左側に襟がくるよう広げて置きます。左手で、Tシャツの左襟首をつまみ、そこから裾までまっすぐ線が伸びているイメージをします。

今度はTシャツの上下の真ん中に横向きに線をイメージし、両方の線が重なるところを右手でしっかりつまみます。

右手はしっかりつまんだまま、左手を1でイメージした線のTシャツの裾部分までもっていきつかみます。この時右手は内側に入った状態です。

左手は3のまましっかりつかんでおいて、右手でつかんでいる箇所を引っぱって内側から表へ抜き出し、全体を両手で持ち上げて画像のような形にします。

Tシャツの前身頃を下にして置き、左右の手を離さずにまた持ち上げます。たたんでいない側の肩幅の中央あたりが折り目になるよう向こう側へ折りたたむと、完成です!

つまんだ手を離さないことがポイント!慣れてくれば、たたむのが楽しくなること必至ですので、ぜひお試しを!

ページの先頭へ▲


このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。