ホーム  >  特集  >  家電選びのコツ(前編)

マンションライフをもっと便利に、快適に!

家電選びのコツ(前編)

後編はこちら

急速に進化している「省エネ」「節電」家電

エコや節電意識の高まりのなかで、家電は大幅な省エネを実現してきました。特に、冷蔵庫、洗濯機、エアコンなどの大型家電や照明には、消費電力が数年前の6、7割に、なかには半分以下になった機種も登場しています。「手が届かない」と思える高額商品でも、長い目でみればお得な買い物になるはずです。

三菱電機の「節電アシスト」や、シャープの「エコ技」など、各社とも省エネ、節電をアピールしています。なかでもパナソニックは、センサー機能やプログラム技術により運転を制御することで、省エネ効果を高める製品を「エコナビ」搭載家電と命名。冷蔵庫や洗濯機はもちろん、炊飯器や温水洗浄便座にいたるまで、幅広い製品にこの機能を搭載しています。

家電量販店などで購入の際は、商品に表示されている「年間消費電力量」や、それに基づいて計算された「年間の目安電気料金」のほか、「省エネ基準達成率」「省エネ性マーク」(eマーク)なども参考にしましょう。

ヤマダ電機 LABI新宿西口営業所
所長 渡邉隆正さん

生活家電

シャープの「プラズマクラスター」に代表されるように、各社とも除菌、消臭機能に力を入れているのが特徴です。
気密性の高いマンションでは、重視すべき機能のひとつでしょう。

洗濯機
水で洗えないものも手軽に除菌・消臭
洗濯機の写真

パナソニック
ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX7100
●シワ、ムラを抑えるジェット乾燥
●電気代控えめのエコヒートポンプエンジン

帽子や靴など、水で洗えないものを空気の力で除菌・消臭する機能がトレンド。また、高速の風でシワを伸ばしながら乾燥する日立の「風アイロン」や、衣類の片寄りによる振動を抑え洗濯を時間どおりに終わらせる東芝の「新・アクティブサスペンション」など、各社独自の機能を提案している。
縦型の洗濯機と同程度のスペースで設置できる省スペース型のドラム式洗濯機も登場。

知っ得!今どき機能
● ヒートポンプ
洗濯機の乾燥方式には、大きく分けて「ヒーター式」と「ヒートポンプ式」の2つがある。ヒートポンプ式は、加熱と冷却を同時に行うヒートポンプユニットにより、効率よく除湿乾燥を行う。ヒーターで乾燥する「ヒーター式」と比べ省エネ効果が高い。
● エアウォッシュα
靴や帽子、人形、スーツ、クッション、ランドセルなど、水で洗えないものを空気(オゾン)の力で除菌・消臭する、三洋電機が開発した機能。
掃除機
吸引力+静音で高機能化ニーズに対応
掃除機の写真

シャープ
サイクロン掃除機 EC-WX300
●プラズマクラスター搭載
●運転音52db
●自走パワーヘッド
●ダストキャッチユニット

「紙パック式」「サイクロン式」を問わず、選択のポイントとなるのは吸引力の強さと"静音性"。この2つを両立することは難しいが、吸引力を損ねることなく、驚くほど静かな高級機も登場。夜間に掃除をすることが多いご家庭におすすめ。

知っ得!今どき機能
● サイクロン式
吸引したホコリを遠心力で分離する方式の掃除機。紙パック式と比べ、吸引力が低下しづらく、紙パックを交換する手間が省ける。
● プラズマクラスター
プラズマ放電により、プラスとマイナスのイオンを空気中に放出し、浮遊するカビ菌などを除去し、空気中のウイルスの作用を抑えるシャープ独自の技術。
エアコン
センサー機能で室内を効率よく冷却
エアコンの写真

三菱電機
霧ヶ峰 MSZ-ZW402S
●エコムーブアイ7搭載
●もっと節電ボタン
●保湿(ピュアミスト)

花粉やハウスダストなどを除去する「空気清浄機能」や、フィルターの掃除の手間を省く「自動掃除機能」などを各社とも強化。消費電力が高い家電だけに、省エネにつながる「センサー機能」にも力を入れている。センサー機能とは、人のいる位置や、間取り、陽射しをなど検知し、効率よく冷やす機能。エアコンを購入の際は、部屋の広さにあった適正サイズを選択しよう。

知っ得!今どき機能
● エコムーブアイ
床、壁、天井の温度や、人の位置、動きなどを検知するセンサー。体感温度を把握し、無駄のない空調を行う。三菱のエアコンに搭載されている機能。
空気清浄器
除菌+加湿+除湿の上位機種で結露対策も
空気清浄器の写真

日立
プロアクティブ クリエア EP-GV1000
●除湿能力最大6.5ℓ/日
●加湿量最大540mℓ/時

気密性の高いマンションでは、結露によるカビや部屋干しの臭いなどにお悩みの人も多いはず。最近の空気清浄器は、除菌、加湿機能が付いているものが主流だが、これに加え、除湿機能が付いた上位機種も。1台3役で収納スペースの問題も解消。

知っ得!今どき機能
● ナノイー
空気中の水分から生み出される微細なイオン。通常のマイナスイオンの約1000倍の水分に包まれ、空気中に長時間浮遊するため、カビ菌や臭い、アレルゲンなどを抑制する。パナソニックの機種に搭載。
LEDシーリングライト
単なる照明ではない。LEDの効果を楽しんで
LEDシーリングライトの写真

パナソニック
HH-LC461A
●調光・調色タイプ
●るすばんタイマー

調光や調色ができるタイプが主流。冬場は温かい色、夏場は白く涼しげな色にしたり、間接光でホテルやシアターにいるような演出をしたりすることも可能。設定時刻になるとスイッチが自動でオン・オフする留守番タイマーや、部屋の明るさを検知して、自動調光をする機種も登場。

知っ得!今どき機能
● 調光、調色
調光とは、明るさを調整すること。調色とは、蛍光灯のような明るい寒色や、白熱電球に近い赤っぽい暖色など、自由に色を変えられること。
● 間接光
部屋全体の明るさを確保する直接光に対して、天井や壁面を照らすのが間接光。この機能が付いたシーリングライトでは、ホームシアター風のムーディーな演出なども可能。

家電のコンシェルジュに聞きました:そもそもLEDって、今までの電球と何が違うの?

最大の特徴は省電力と長寿命

おなじみになったLEDですが、最大の特徴は消費電力が少なく、寿命も長いこと。約4万時間はもつといわれ、1日10時間の使用でも10年は交換要らず。白熱電球の寿命が約1000時間なので、その差は40倍です。 照明は家庭における消費電力の約16%を占めるともいわれますから節電効果は高いでしょう。また、LEDは波長の関係で虫が寄り付きにくいのも特徴です。発光分部にほとんど熱をもたず部屋が暑くなることもありません。つけた瞬間に明るくなるため、玄関やトイレでの使用にも適しています。

LED電球と他の比較
LED電球と他の比較の表

※出典:環境省『平成22年版 図で見る環境・循環型社会・生物多様性白書』

ページの先頭へ▲


このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。