ホーム  >  特集  >  室内の安全対策(後編)

大切な家族を地震から守るために……

室内の安全対策(後編)

前編はこちら

日頃からの備えと近所付き合いが身を守る

地震による被害が最小限になるよう室内の危険を排除したら、いざというときに困らないように数日間分の食料や飲料水などの「備蓄品」を準備。避難しなければならないときのことも考え、貴重品や医薬品など必要最小限の「非常持ち出し品」をリュックなどに入れておきましょう。

また、室内で身動きがとれなくなったとき、助けにきてくれるのは隣人かもしれません。阪神・淡路大震災をきっかけに生まれた「ふれあい喫茶」、各地に広がるパリ発祥の「隣人祭り」など、コミュニティ活動を促進するマンションは年々増え続けています。普段から近所付き合いを大切にして、防災訓練やイベントなど管理組合の活動にも積極的に参加してください。

日頃からの備えと近所付き合いが身を守るのイラスト

地震から身を守る事前対策5つのポイント

  1. 建物の構造の特性を知る
    同じマンションでも、建物の高さや構造などによって地震による被害は異なります。マンションが建つ地盤や建物の構造を知ることが安全対策の第一ステップ。
  2. 家具や電化製品の転倒を防止する
    地震の際、建物が無事でも、家具の転倒や物の落下などによってけがをしたり、逃げ道がふさがれてしまったりする危険を防ぐ。
  3. 災害を想定して危険を排除する
    寝室など就寝中の身に倒れそうな家具を置かない、部屋のドア付近や玄関につながる避難経路に物を置かないなど、室内の安全を確保する。
  4. 食料や飲料水などを備蓄する
    水や食料をはじめとする非常用の備蓄品や持ち出し品は、災害復旧までの数日間を自活できるよう最低でも5日分を用意しておく。
  5. 隣近所との交流を大切にする
    自分や家族はもちろん、マンション単位で居住者の身の安全と建物を守ろうとする取り組みが、より安心で快適な暮らしの実現につながる。

家族で確認しよう!わが家のルール

注意しましょう地震発生時の行動マニュアル

ページの先頭へ▲


このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。