ホーム  >  ニッポンの景色  >  ニッポンの景色(北九州・下関)  >  今回、取材したお店

今回、取材したお店
小倉城
小倉城の写真
北九州の拠点として
時代を超えて君臨した小倉城
戦国末期から、九州の交通の要所として栄えた小倉。小倉城は1602年から関ヶ原合戦の功労で入国した細川忠興(ただおき)によって7年かけて築城されました。当時は諸国の商人や職人を集めて商工業保護政策や外国貿易が盛んに行なわれ、小倉は一大城下町として繁栄しました。その後、播磨から小笠原忠真(ただざね)が入国し、城主に。その後歴史の中で一度は焼失しましたが、1959年に天守閣が再建されました。小倉城の天守閣は4階と5階の間にひさしがなく、5階が下階よりもせり出している「唐造り(からづくり)の天守」といわれる造りが特徴。小倉の街の中にありながら、威厳ある姿を見せています。
城内には江戸時代の小倉城下町のジオラマや、小笠原家の歴代藩主の貴重な資料を展示。天守閣からは小倉の街を一望できる
城内には江戸時代の小倉城下町のジオラマや、小笠原家の歴代藩主の貴重な資料を展示。天守閣からは小倉の街を一望できる
DATA
所在地 福岡県北九州市小倉北区城内1-2
営業時間 9:00~18:00(11月~3月は~17:00)入館は閉館30分前まで
定休日 年中無休
入館料 一般 350円/中高生 200円/小学生 100円
(小倉城・松本清張記念館と共通料金もあり) 電話 093-561-1210
URL  http://www.kid.ne.jp/kokurajou/html/

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。