ホーム  >  ニッポンの景色  >  ニッポンの景色(北九州・下関)  >  今回、取材したお店

今回、取材したお店
北九州市立 小倉城庭園
北九州市立 小倉城庭園の写真
平成10年に復元された
美しい大名屋敷
徳川家の譜代大名であり、小倉上の城主の小笠原氏は全国の小笠原一族の総領家。小笠原会館は小笠原氏の別邸・下屋敷跡を復元した庭園で、京都・奈良の宮大工が技術を結集して江戸時代の武家の書院を再現した美しい建築物です。庭園の池の水はかつては海の水を引き入れ、潮の満ち引きで変化する池の姿を楽しんだといわれています。池に張り出した広縁から見える庭園と小倉城の眺めは優雅な大名の生活を彷彿させます。小笠原流礼法の宗家である旗本の小笠原家もその一族。日本の美しい礼法の文化を紹介し、伝えるためのお茶会などのイベントも行われています。
案内係の方が書院のふすまや天井の模様、広縁の雨戸のしくみなど、建物の美しい技巧の数々の説明を受けられる
案内係の方が書院のふすまや天井の模様、広縁の雨戸の仕組みなど、建物の美しい技巧の数々の説明を受けられる
DATA
所在地 福岡県北九州市小倉北区城内1-2
営業時間 9:00〜18:00(11月~3月は~17:00)入館は閉館30分前まで
定休日 年中無休
入館料 一般 300円/中高生 150円/小学生 100円
(小倉城・松本清張記念館と共通料金もあり) 電話 093-582-2747

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。