ホーム  >  ニッポンの景色  >  ニッポンの景色(北九州・下関)  >  今回、取材したお店

今回、取材したお店
みもすそ川公園
みもすそ川公園の写真
壇之浦合戦の舞台を見渡す
海沿いの公園
源平最終合戦となる壇之浦合戦の舞台となった関門海峡。海の上での激しい戦いの末、平清盛の妻・時子が、平家の血を継いだ幼い安徳天皇を抱いて船から入水して平家は滅亡。安徳天皇とともに海に沈んだといわれる三種の神器はまだこの海の底にあるといわれています。古戦場の海を一望できるみもすそ川公園には、源義経と平知盛が戦う勇壮な姿の銅像が飾られ、訪れる人たちは激しい戦いの末にはかなく消えた平家の志に思いを馳せています。
公園には二位の尼が辞世の歌として詠んだ「今ぞ知る身もすそ川の御ながれ波の下にもみやこありとは」の歌碑が飾られている
公園には時子が辞世の歌として詠んだ「今ぞ知る身もすそ川の御ながれ波の下にもみやこありとは」の歌碑が立てられている
DATA
所在地 山口県下関市みもすそ川町1
電話 083-231-1838(下関市観光施設課)

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。