ホーム  >  ニッポンの景色  >  ニッポンの景色(北九州・下関)  >  今回、取材したお店

今回、取材したお店
合馬観光たけのこ園・合馬茶屋
合馬観光たけのこ園・合馬茶屋の写真
知る人ぞ知る
たけのこの名産地
えぐみが少なく、軟らかいと昔から有名な「合馬のたけのこ」。たけのこはアク抜きにぬかを入れてゆでるのが一般的ですが、合馬のたけのこはぬかを入れずにゆでてもおいしく食べられるのが特徴。冬から春にかけての収穫時期は全国1500件の料亭などに出荷されています。毎年2月中旬から「合馬茶屋」でたけのこ料理が、3月中旬から5月初旬には「たけのこ園」でたけのこ堀りが楽しめ、春はたくさんの観光客でにぎわいます。また、たけのこの収穫期が終わると6月はホタルの季節に。川沿いの夜の竹林がまるでクリスマスのイルミネーションのように輝き、その美しさは圧巻です。
店主いわく「1日の寒暖の差が大きく、粘土質の土地、そしてきれいな水がたけのこをおいしくしてくれる」。合馬茶屋の料理は究極のたけのこづくし「竹コース」(2,500円)と、たけのこ満載の「梅コース」(2,000円)の2種類。焼きたけのこ、てんぷら、お煮しめなど、たけのこの風味を存分に味わえる
店主いわく「1日の寒暖の差が大きく、粘土質の土地、そしてきれいな水がたけのこをおいしくしてくれる」。「合馬茶屋」の料理は究極のたけのこづくし「竹コース」(2,500円)と、たけのこ満載の「梅コース」(2,000円)の2種類。焼きたけのこ、てんぷら、お煮しめなど、たけのこの風味を存分に味わえる
DATA
所在地 福岡県北九州小倉南区大字合馬1187
営業日時
合馬観光たけのこ園/2014年は3月21日(金)~5月5日(月)
入園時間 9:00~16:00(16:00閉門)たけのこ堀りは入園14:00まで
入園料 大人300円・小人150円(くわ貸し出し料 100円/本)
合馬茶屋/2014年は2月22日(土)~5月6日(火) 個人の予約不可
営業時間 10:00~ 2コース合わせて限定数100食が終了次第閉店。
電話 093-451-0977
URL  http://www.ohma.jp/

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。