ホーム  >  ニッポンの景色  >  ニッポンの景色(北九州・下関)  >  今回、取材したお店

今回、取材したお店
門司港レトロ地区
門司港レトロ地区の写真
現代に復活した
古きよきレトロモダンな街並み
大正時代まで大陸貿易の基地として栄え、日本一の大きさを誇っていた門司港。商社、海運会社のモダンな西洋風の建物が立ち、華やかな港町の風景が広がっていました。その街並みが整備され、今「門司港レトロ地区」として新しい観光名所に。かつてアインシュタインも泊まったといわれる洋館「旧門司三井倶楽部」や、アーチ状の窓が美しい「旧大阪商船」など、レトロモダンな建物の数々が復元され、かつての美しい港町の風景が再現されています。海沿いに広がる異国情緒あふれる美しい街並みを、のんびり散歩する観光客でにぎわっています。
煉瓦作りの洋館「旧門司税関」の隣にそびえ立つ「門司港レトロハイマート」は建築家・黒川紀章が設計した高層ビル。31階にある「門司港レトロ展望室」からは関門橋や巌流島など関門海峡の美しい風景を一望できる
煉瓦作りの洋館「旧門司税関」の隣にそびえ立つ「門司港レトロハイマート」は建築家・黒川紀章が設計した高層ビル。31階にある「門司港レトロ展望室」からは関門橋や巌流島など関門海峡の美しい風景を一望できる
DATA
所在地 福岡県北九州市門司区港町
門司港レトロ倶楽部
URL  http://www.retro-mojiko.jp/
門司港レトロインフォメーション
電話 093-321-4151
URL  http://www.mojiko.info/

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。