ホーム  >  ニッポンの景色  >  ニッポンの景色(岩手)  >  今回、取材したお店

今回、取材したお店
観自在王院跡(かんじざいおういんあと)
観自在王院跡(かんじざいおういんあと)の写真
1000年の時を超えて
平安の風を感じさせる庭園
2代基衡の妻が建立したと伝えられる寺院跡。毛越寺と同様、極楽浄土を表現した庭園と考えられ、寺院などの建立物は残っていませんが、浄土庭園の遺構は平安時代に書かれた日本最古の庭園書『作庭記』の作法どおりと考えられ、当時の雅な世界を垣間見ることができます。
平安時代から変わらない美しさを残す庭園の池
平安時代から変わらない美しさを残す庭園の池
DATA
所在地 岩手県西磐井郡平泉町平泉字志羅山地内
電話 平泉町役場 0191-46-2112

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。