ホーム  >  ニッポンの景色  >  ニッポンの景色(岩手)  >  今回、取材したお店

今回、取材したお店
毛越寺(もうつうじ)
毛越寺(もうつうじ)の写真
初代清衡の平和の心を受け継いだ
浄土庭園
「平泉の文化遺産」のひとつである毛越寺庭園。初代清衡の平和への志を継ぎ、藤原2代基衡が造営に着手、3代秀衡の時代に完成させました。本堂の横には、極楽浄土を模した庭園と大伽藍が建立され、美しい世界が広がっていました。藤原氏滅亡後、すべての建物が焼失し今では現存していませんが、海を表す池と伽藍の遺構がほぼ完全に保存され、当時の華やかな理想郷の面影を残しています。
海を表すといわれる大泉ヶ池。州浜、荒磯、築山など、小さいながらも本物の海浜風景を模した造形が配されている
海を表すといわれる大泉ヶ池。州浜、荒磯、築山など、小さいながらも本物の海浜風景を模した造形が配されている
DATA
所在地 岩手県西磐井郡平泉町字大沢58
拝観時間 8:30~17:00 ※11月5日~4月4日は16:30まで
拝観料 大人500円/高校生300円/小・中学生100円
電話 毛越寺事務所 0191-46-2331
URL http://www.motsuji.or.jp/

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。