ホーム  >  ニッポンの景色  >  ニッポンの景色(宮城・仙台市)  >  今回、取材したお店

今回、取材したお店
富貴寿司
富貴寿司の写真
杜の都の新名物「仙台づけ丼」
も自慢の老舗寿司店
昭和23年(1948年)に創業した老舗の寿司店。仙台きっての繁華街・国分町の虎屋横丁で、三代目が腕を振るっています。宮城の海で獲れた新鮮な魚介類と、ふっくら炊き上げた宮城県産「ササニシキ」は相性抜群。手際良く握られるおいしいお寿司と評判です。また、店内には三代目が選びぬいた日本酒が10銘柄以上あり、魚と相性の良い地酒をゆっくりと楽しむこともできます。夜の〆、そしてランチに、杜の都の新名物「仙台づけ丼」を注文する人も多い。
「仙台づけ丼」(1680円)は店ごとに独自の味を追求するのがモットー。富貴寿司自慢の特製だれは、昆布だしをきかせたまろやかな味わいです。
「仙台づけ丼」(1680円)は店ごとに独自の味を追求するのがモットー。富貴寿司自慢の特製だれは、昆布だしをきかせたまろやかな味わい
DATA
住所 仙台市青葉区一番町4-4-6
電話 022-222-6157
営業時間 11:30~14:00
17:00~23:00(ラストオーダーは22:30)
定休日 日曜、祝日

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。