ホーム  >  ニッポンの景色  >  ニッポンの景色(東京・港区)  >  今回、取材したお店

今回、取材したお店
東京港醸造
東京港醸造の写真
約100年ぶりに復活した
東京港区の酒造
文化9年(1812年)に創業し、1度は廃業したものの約100年ぶりとなる2011年に酒造を再開した「東京港醸造」。「名物を作って、街の活性化につなげたいと思い復活させた」と語るのは7代目にあたる斎藤俊一さん。自慢のお酒は、どぶろくのドロドロとした中に微炭酸が溶け込み、ほんのり甘い味が特徴の「江戸開城」と、炭酸水と割って飲むと相性が良い梅肉入りの梅リキュール「江」の2種類(ともに290ml 750円)。
5年の歳月をかけて準備をし、販売された2つのお酒。ビルの中の醸造所で一本一本丁寧に製造されている。
5年の歳月をかけて準備をし、販売された2つのお酒。ビルの中の醸造所で一本一本丁寧に製造されている。
DATA
住所 東京都港区芝4-7-10若松屋ビル内
電話 03-3451-2626
営業時間 平日 11:00~19:00
土曜 11:00~17:00
定休日 日曜、祝日

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。