ホーム  >  ニッポンの景色  >  ニッポンの景色(東京・港区)  >  今回、取材したお店

今回、取材したお店
秋色庵大坂家
秋色庵大坂家の写真
300年以上の歴史を持つ
和菓子の老舗
元は大坂で店を構えていたことから、「大坂家」という屋号がついた和菓子の老舗。看板商品は「秋色最中」(しゅうしきもなか・大型1個160円)。北海道産の小豆を使用し風味豊かな餡が特徴の「小倉」、沖縄で採れる黒砂糖をふんだんに用いながらもしつこくない味の「黒砂糖」、そしてこしあんにきざんだ栗をちりばめた「栗」の3つの味が楽しめます。また、季節感を繊細に表現した月替わりの和菓子も人気の商品です。
「秋色最中」の名前の由来は、店主の先祖が元禄時代の少女俳人・秋色女(しゅうしきじょ)だったことから命名されている
「秋色最中」の名前の由来は、店主の先祖が元禄時代の少女俳人・秋色女(しゅうしきじょ)だったことから命名されている
DATA
住所 東京都港区三田3-1-9
電話 03-3451-7465
営業時間 平日 9:00~18:30
土曜 9:00~18:00
定休日 日曜、祝日
http://www.o-sakaya.com/

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。