ホーム  >  ニッポンの景色  >  ニッポンの景色(埼玉・川越市)  >  今回、取材したお店

今回、取材したお店
喜多院
喜多院の写真
小江戸川越を古くから見守る
徳川家ゆかりの名刹(めいさつ)
平安時代に慈覚大師円仁が創建した天台宗の名刹「喜多院」。徳川家とのゆかりも深いお寺で、江戸城から移築された「徳川家光公の誕生の間(客殿)」「春日局化粧の間(書院)」など、貴重な文化財を間近に感じることができます。本殿の外に目を向ければ美しい日本庭園の光景が。春には家光公お手植えの見事な枝垂れ桜が、秋には江戸城紅葉山(もみじやま)を再現した庭園の紅葉が、訪れる人の心を魅了します。
人間の喜怒哀楽が精密に彫刻された「五百羅漢」は、日本三大羅漢の一つ。ほかにも、江戸城紅葉山の別殿を移築した「庫裏」など、多くの文化財がある
人間の喜怒哀楽が彫刻された「五百羅漢」は、日本三大羅漢の一つ。ほかにも、江戸城紅葉山(皇居)の別殿を移築した「庫裏」など、多くの文化財がある
DATA
住所 埼玉県川越市小仙波町1-20-1
電話 049-222-0859
拝観・参拝時間
(3月1日~11月23日)8:50~16:30 (祝日は16:50閉門)
(11月24日~2月末日)8:50~16:00 (祝日は16:20閉門)
※2012年8月より屋根の葺き替え工事などのため拝観臨時休止の場合あり。
  紅葉についても一部鑑賞できない部分あり。要問い合わせ。
http://www.kawagoe.com/kitain/

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。