ホーム  >  ニッポンの景色  >  ニッポンの景色(東京・墨田区)  >  今回、取材したお店

今回、取材したお店
羽子板の鴻月(こうげつ)
羽子板の鴻月(こうげつ)の写真
目が覚めるように
色鮮やかな押絵羽子板
見事な押絵で彩られた押絵羽子板を作る「羽子板の鴻月」。押絵羽子板とは布を組み合わせて、豪華な錦絵のように作られる羽子板のこと。主に歌舞伎役者の型や心情をくみとって仕上げるだけあって、今にも飛び出してきそうな迫力と、色鮮やかな着物の美しさが魅力。親から子、子から孫へと引き継がれる贈り物として、また日本の美や文化を表現した伝統工芸品として海外でも喜ばれる逸品です。店内には羽子板資料館が併設されており、華やかな押絵羽子板の数々を楽しめます。
西山鴻月さんは御年91歳。「第一次・二次江戸伝統工芸職人訪中団」で団長を務めるなど、国内外で活躍している
西山鴻月さんは御年91歳。「第一次・二次江戸伝統工芸職人訪中団」で団長を務めるなど、国内外で活躍している
DATA
住所 東京都墨田区向島5-43-25
電話 03-3623-1305
営業時間 10:00~18:00
定休日羽子板の鴻月/日曜、祝日
羽子板資料館/日・月・火・水曜
(10月1日~1月31日は休館)

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。