ホーム  >  ニッポンの景色  >  ニッポンの景色(東京・墨田区)  >  今回、取材したお店

今回、取材したお店
長命寺 桜もち
長明寺 桜もちの写真
江戸時代より約300年
愛され続ける桜もち
享保2年(1717年)創業「長命寺桜もち」の「桜もち」は、砂糖や小豆、小麦粉から、桜の葉に至るまで厳選素材を使用。口に含むとなんとも言いようのない上品な香りが広がります。塩漬けされた桜の葉で覆われたもちはしっとり柔らかく、弾力のある食感。数百年もの間、多くの人に愛され続けてきた理由をうかがい知ることができます。ちなみに店内では、できたての「桜もち(1個250円・煎茶付き)」を召し上がれます。
桜の開花の時期は長い列ができる長明寺の桜もち。並んでも味わいたい向島を代表する和菓子のひとつです
桜の開花の時期は長い列ができる長命寺の桜もち。並んでも味わいたい向島を代表する和菓子のひとつ
DATA
住所 東京都墨田区向島5-1-14
電話 03-3622-3266
営業時間 8:30~18:00
定休日 月曜
http://www.sakura-mochi.com/index.php

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。