ホーム  >  自宅で簡単ヨガ  >  下半身を鍛えて、ウエストラインもスッキリ

下半身を鍛えて、ウエストラインもスッキリ

チェアのポーズ
ポーズの効果:
太ももの引き締め、おなかの引き締め、脇腹の引き締め、二の腕の引き締め

「チェアのポーズ」は、見えない椅子に座っているようなポーズ。太ももなど下半身が鍛えられますし、腹筋を使うのでおなかやわき腹などを引き締める効果もあります。さらに、二の腕の引き締めにも効果的! 女性の気になる部分が一度に引き締められる、嬉しいエクササイズです。

一見簡単そうなポーズですが、効果的に行うためにはいくつかポイントがあります。NGポーズにならないように気をつけながら、スッキリボディを目指して頑張りましょう。

両足の親指とかかとの内側をつけ、ひざを閉じ、まっすぐに立ちます。
この時、体重が両足に均等にかかるように意識します。
また、両腕は体側に沿ってまっすぐ伸ばし、視線は正面に向けましょう。

チェアのポーズの写真

両手を腰にあてて、息を吐きながらひざを曲げていきます。
体重はかかとにのせ、お尻を斜め後ろに引き、椅子に腰かけているように見える位まで腰を落とします。

チェアのポーズの写真

息を吸いながら、両腕を天井に向かってまっすぐ伸ばします。
腕は耳の横あたりでキープしましょう。
また、上体もまっすぐにし、胸を引き上げるように意識します。
その姿勢のまま、5呼吸ほどキープします。

チェアのポーズの写真

ヒント

ひざがつま先より前に出てしまうと、ひざを痛める可能性がありますので、注意してください。また、腕が耳よりも下にならないように気をつけましょう。

ひざをそろえたまま、ゆっくりと足を伸ばし、最初の姿勢に戻ります。
[1]~[4]を2~3セット行いましょう。

チャレンジ!!

「プレイヤーズツイストのポーズ」は、チェアのポーズに“ねじり”の要素を加えたバージョンです。上半身をねじることでウエストのシェイプ効果がアップします。また、手の平同士を強く押し合いながら行うことで、二の腕の引き締めにつながりますよ。

1「チェアのポーズ」の[1]~[3]を行います。

2息を吐きながら両方の手の平を胸の前で合わせます。
合わせた手の平の位置は、ちょうど胸の中心にくるようにしましょう。
また、手の平同士は強く押し合い、ひじを横に張るようにします。

3一度息を吸って背筋を伸ばした後、合掌したまま息を吐きながら上半身を右へねじっていき、左のひじを右の太ももの外側(ひざの少し上あたり)に引っ掛けます。
ひじとひざで押し合い上体を引き上げると、ねじりの効果がさらに深まります。そのまま5呼吸ほどキープしましょう。

4息を吸いながら[2]の姿勢に戻ってから、ゆっくりとひざを伸ばし、両腕を体側に沿わせまっすぐに立ちます。

5同様に反対側も行います。

ページの先頭へ▲


このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。

PCサイトに切り替え

スマホサイトに切り替え