ホーム  >  自宅で簡単ヨガ  >  太陽礼拝(その2)

太陽礼拝(その2)

「太陽礼拝」はいくつかのポーズを連続して行うもので、全身をまんべんなく動かすことにより、凝り固まった筋肉を効果的にほぐし、女性らしい引き締まったボディラインをつくります。

今回は太陽礼拝(その2)で、プランクやチャトランガといった体幹を鍛えるおすすめのポーズをご紹介します。深い呼吸を繰り返しながら、1回あたりのキープ時間を長くすると効果が高まります。

それでは、前回ご紹介したルックアップの姿勢からスタートです!

前回のルックアップ

プランク(板のポーズ) 両手を肩の真下に下ろし、手のひらを床にぴったりとつけます。
息を吐きながら足を一歩ずつ後ろに引き、つま先立ちの状態で頭からかかとまで一直線になり、ひと息で次のチャトランガに移ります。

チャトランガ(杖のポーズ) わきをしっかり締め、ひじが体から離れないように、腕立て伏せの要領で体を下ろします。
そのままの状態で10~15秒キープ。その後、体を床に下ろし、うつ伏せになります。

ヒント

プランクは腕で体を支えるというより、頭とかかとで体を引っ張り合い、まっすぐに伸ばすという意識で行います。お尻が上がりすぎたり、おなかが下がりすぎたりしないようにしましょう。

ページの先頭へ▲


このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。

PCサイトに切り替え

スマホサイトに切り替え