ホーム  >  これで解決!収納レシピ  >  第10回 げた箱の収納

第10回 げた箱の収納

ご相談内容
玄関に子どもの靴があふれてる……
玄関に備えつけられているげた箱はごく一般的なもの。すでに中がパンパンで、玄関に子どもの靴やおもちゃがあふれています。玄関まわりがきれいに片づいて、すっきり見せる方法はありますか?
静岡県 ユキさん
第10回 げた箱の収納のイメージ
無駄なスペースをなくして
げた箱の収納力をアップさせましょう

「どうせ、すぐに使うから」と普段、使っている靴やおもちゃを出しっ放しにしていると、玄関まわりがごちゃごちゃした感じになってしまいます。そこで、まずは、げた箱の中を整理整頓!形や大きさが違う靴もルールを決めてしまうことで、収納力はグッとアップします。

靴の置き場を見直す

「よく使う物は、手が届きやすい場所にしまう」というルールで、家族ごとに専用スペースと、靴の置き場を決めましょう。例えば、げた箱の上部(高い場所の棚)は身長が高いパパの専用スペースに。さらに使用頻度が低い靴は、げた箱の奥に、使用頻度が高い靴は出し入れしやすい扉の取っ手に近い場所に置くと、げた箱の中が散らかりにくくなります。

デッドスペースをなくす

棚板の間隔は、靴の高さにそろえるのがポイントです。棚板が固定されている場合は、靴を上下に重ねられるシューズホルダーを使えば、靴と棚板の間の無駄なスペースがなくなり、収納力は2倍にアップ! ベビーシューズや靴のお手入れ用品などの小さな物は、大人用の靴箱にまとめると棚にしまいやすくなります。靴箱にはラベルを貼り、中に入れたものを書いておくと管理しやすいですよ。

冠婚葬祭用や季節ものはクローゼットに

冠婚葬祭用のような使用頻度の低い靴なら、げた箱にこだわる必要はありません。きれいにお手入れして靴箱や引き出し式の専用ケースに入れ、クローゼットなどに収納すれば、げた箱の中がスッキリ片づきます。冠婚葬祭用の衣類の近くに置いておけば、いざというときの身支度にかかる時間や手間もかかりません。

玄関の空きスペースを活用

それでもまだ、げた箱にしまいきらない……という場合は、玄関の空きスペースに市販のカラーボックスを置いてシューズラックにするという手も。つっぱり棒を渡せる場所があれば、つっぱり式の棚をつくって収納棚にするのもおすすめです。普段よく履く靴や外遊び用のおもちゃを置いたり、傘や靴ベラも掛けられるので便利です。

ページの先頭へ▲


このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。