ホーム  >  これで解決!収納レシピ  >  第7回 キッチンの小物収納(1)

第7回 キッチンの小物収納(1)

ご相談内容
キッチンの小物類、どうやってしまえばいい?
箸置きなど、形のバラバラな小物がうまく収納できません。おまけにキッチンで使う布巾やランチョンマットも、すぐぐちゃぐちゃになってしまいます。来客用にしまっておいたものなのに、どこにしまったかわからず、結局買い足してしまいます。見た目もきれいで何がどこにあるかわかりやすい収納法はありませんか?
東京都 じゅんさん
第7回 キッチンの小物収納のイメージ
ブックエンドや紙コップなど身近なもので、
引き出しに仕切りをしてみては?

キッチンには、毎日使う鍋やおたまなどの調理器具、いろいろな調味料、食器類に食材……と、とにかくものがいっぱいですね。中でも登場頻度の低い来客用のものなどは、どこにしまったらいいか考えもの。きれいに使いやすく収納することで、活用できる回数も増えるかもしれません。

箸置きなどの小物

箸置きなどの小物類は、ふたのある箱やケースに入れ、棚や引き出しの奥にしまうと中身が見えず、つい使わなくなってしまうもの。そこで、紙コップに入れ、引き出しに並べてみてはいかがでしょう? 上から中身も見えますし、紙コップは安価でかわいい柄もあり、気軽につぶしたり形を変えられるので、スペースに合わせて使えます。また、使う時にも持ち運びやすく戻しやすい為、上手に収納できます。

ランチョンマット、コースター

ランチョンマットやコースターなどは、重ねておいてしまうと、ひっぱり出した時に上下の布まで出てきたり、くしゃくしゃになってしまいがち。そんな時は、引き出しに「立てて」しまうのがおすすめです。市販のブックエンドを仕切りにすれば、崩れずに枚数に合わせて立てられ、すっきり収納できます。

ページの先頭へ▲


このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。