ホーム  >  これで解決!収納レシピ  >  第5回 子ども部屋の収納

第5回 子ども部屋の収納

ご相談内容
子ども部屋の収納について困っている……
かさばるオモチャの収納です。年の離れた3人なのでしばらく取っておきたいオモチャや本や学習関連のグッズでクローゼットがどんどん手狭になってしまっています……。
何か良い方法はありませんか?
福岡県 あーきさん
第5回 子ども部屋の収納のイメージ
クローゼットに収納する
ルールを作ってみては?

気がつくとどんどん増えていく子どものオモチャや持ちもの。すでに、収納ケースなどを使っているご家庭も多いと思いますが、さらにもう一工夫! 子どもが自分で出し入れしやすくなるような、簡単なルールを作ってみてはいかがでしょう。

  1. (1)空いているスペースを有効活用する
    普段あまり使わないものや収納ケースに入りきらないものは、巾着袋やチャック付きの袋に入れ、クローゼットに取り付けたフックに吊るすなどして収納。さらに、袋に入れたものや子どもの名前をアイロンプリントしておくと、どこに何がしまってあるのかひと目でわかります。
  2. (2)1人ずつ専用のスペースを作る
    収納ケースの引き出し部分に、子どもの名前を書いて自分専用のスペースを作ってあげましょう。そうすることで、おのずと子どもにも「自分のものは自分で片付ける!」という自覚が芽生え、ママの負担も軽減されます。
  3. (3)収納ケースの中に仕切りを作る
    せっかく収納場所を作っても、どこに何をしまっていいか分かりづらいと、中がゴチャゴチャになり、整理整頓する習慣がつきません。収納ケースの中は、空き箱やカゴなどで仕切りを作り、種類や用途ごとに出し入れしやすくしましょう。

ページの先頭へ▲


このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。