ホーム  >  これで解決!収納レシピ  >  第3回 キッチンの収納

第3回 キッチンの収納

ご相談内容
キッチンにモノがあふれてる……
キッチンに買い置きの食料品などがあふれて困っています。
対面キッチンにも憧れるのですが、主人の転勤で、来年、引っ越すかもしれません…。
その間、収納スペースだけでもどうにかしたいのですが、何かいい方法はありますか?
埼玉県 OGAさん
第3回 キッチンの収納のイメージ
調理台にも、カウンターにもなる
キッチンワゴンを活用してみては?

調味料や缶詰などが安売りされていると、ついつい買いだめしたくなりますよね。でも、必要以上に買いすぎてしまうのは、買ったモノをトビラ付きの収納棚のような場所にしまい込んで、現状を把握できなくなっているのではありませんか?

そこで、将来、対面キッチンにする準備段階として、まずは使い勝手の良さや機能性を重視したキッチンワゴンを活用。消耗品などの収納術をマスターしながら、対面キッチンの雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょう。

そんな場合のキッチンワゴン選びのポイントは3つ。

(1)トビラや引き出しが付いていないオープンタイプを
必要なときに、必要なモノがすぐに取り出せるように、棚板はオープンタイプのモノを選びましょう。余分な買いだめ防止になり、無駄な出費も抑えられます。

(2)平らで丈夫な天板なら調理台にも
天板にフチや取っ手が付いていないワゴンを、簡単な調理台としても活用。できあがった料理をテーブルまで運んだり、空いた食器を流し台まで運んだり、キッチンワゴン本来の機能も十分に発揮させることができます。

(3)天板の高さが調節できると、さらに便利
収納するモノの高さに応じて天板の高さを調節できると、より収納力はアップします。逆に、収納するモノの高さを抑えて天板の高さを下げれば、ダイニングテーブルの下に置けるので、スッキリ使えますよ。


天板の高さが調整できる
便利でおしゃれな
「ユニバーサルキッチンワゴン」

こちらの商品は、
ハウズイングニュースオンラインからも
購入いただけます。

hachi market ユニバーサルキッチンワゴン

ページの先頭へ▲


このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。