ホーム  >  マンション管理ゼミナール  >  第4回 これだけは知っておきたい!『給水管』の基礎知識

マンション管理ゼミナール第4回 これだけは知っておきたい!『給水管』の基礎知識

給水管は“サビ”と闘いながら進化した

 「蛇口をひねったら赤茶色の濁った水が出てきてびっくりした!」そんな経験はありますか?
「昔はあったなぁ」という方もいらっしゃるかもしれません。

 40年ほど前までは、さびやすい給水配管材が使用されていて、いわゆる“赤水問題”が数多く発生していました。しかし、時代とともに新しいものが開発され、今では非常にさびにくい配管材に進化しています。

給水配管と汚い水のイメージ

給水配管材の歴史

 マンションで使用されている給水配管材にはさまざまな種類があります。1975年頃までに建設されたマンションでは「水道用亜鉛めっき鋼管※」という材料が使用されていました。この管材は、鋼管の内面に亜鉛めっきが施されているだけだったため、15年~20年ほどで配管内面が激しく腐食してしまい、赤水や漏水などが発生し問題になりました。
※1997年のJIS改正により、現在では水道用亜鉛めっき鋼管は上水道配管に使用できなくなっています。

 この配管内面の腐食問題を解消するために登場したのが「硬質塩化ビニルライニング鋼管」です。これは鋼管の内部に硬質塩化ビニル管が挿入されたもので、現在最も多く使用されています。

 このように配管内面の腐食問題は解消しましたが、次なる問題が発生しました。それは「継手」問題です。継手とは、管と管をつなぐときに使用する材料です。1985年頃までは「樹脂コーティング継手」という樹脂を内面に塗布したものが使用されていました。この継手には、管端の鉄露出部分や鋼管ねじ部分がさびやすいという弱点がありました。そこで、管端の鉄露出部分に「コア」と呼ばれる樹脂製の部品を挿入する工法が登場しました。

 しかし、当初のコアは鋼管の管端部分との密着が不完全な場合もありました。その後さらに開発が進み、1990年以降は継手本体にコアを内蔵した「管端防食継手」が誕生し、これにより管の耐久性は大幅に向上することになりました。

 給水配管材は、時代とともに新しい管材が開発されました。共用部分では、2000年頃から、より耐久性の高い「ステンレス管」を採用するマンションが増えています。また、専有部では1990年頃から樹脂製の「架橋ポリエチレン管」や「ポリブテン管」が用いられることが多くなっています。

管端防食継手、水道用ステンレス鋼管、水道用ポリエチレン管

給水配管材の変遷

給水管はどのくらい持つの?

管材や継手の種類、水質等によって差があります。

 マンションの建てられた時期により、給水管に使用されている管材や継手の種類、配管施工方法は異なります。また、給水管の使用状況や水質などもマンションごとに異なることから、給水管の耐用年数にはかなり差があります。給水管の更新(新しいものに取り替える)の一般的な目安は下の表の通りですが、配管の劣化がどの程度進行しているかについては、実際に調査を行って確認する必要があります。

給水管の耐用年数

※水道用ステンレス鋼管は耐用年数が半永久的と言われるほど、耐久性に優れています。ただ、絶対に錆びないわけではありません。また、配管を接続する継手に「パッキン」が使用されており、この補修は30年程度で必要になってきます。

配管ってどう調査するの?

「抜管調査」「内視鏡調査」「X線調査」などがあります。

 配管の劣化調査には、大きく分けて「破壊調査」と「非破壊調査」があります。

「破壊調査」は、配管の一部を切り取って調査するもので、一般的に「抜管調査」と呼ばれています。

抜管調査

「非破壊調査」は配管を現状のまま内視鏡(ファイバースコープ)やX線発生装置、超音波肉厚測定器を使って調査するものです。非破壊調査の中で最も簡便な方法は内視鏡調査です。配管内部に内視鏡を挿入して、管内の腐食箇所や汚れの付着状況等を観察したり撮影したりすることができます。ただし、内部を目視するものなので、調査時には一時的な断水が必要ですし、配管の残存肉厚は確認できません。

※内視鏡検査では、台所や洗面台、トイレの止水栓などを外し、内視鏡を配管内に挿入して行います。

内視鏡調査

 そのほかにも調査方法はいろいろありますが、それぞれ特徴があります。十分な調査結果を得るためには、いくつかの調査方法を段階的に行うとよいでしょう。

調査方法

「管理コストの見直し」や「管理会社の変更」をご検討中の管理組合様は
日本ハウズイングにぜひご相談ください。
お客様それぞれにあった最適なプランを考え、ご提案いたします。

ページの先頭へ▲


このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。