ホーム  >  身近なアレを再利用!お洒落雑貨を作ろう  >  第4回 ワイヤーハンガーとキャンディで作るクリスマスリース

第4回 ワイヤーハンガーとキャンディで作るクリスマスリース

どこのお宅にもあるワイヤーハンガーを使って、クリスマスリースを作りましょう。
ご紹介するのは、本物のキャンディを使った「食べられるリース」。飾った後はおやつにできるので、お子さんも大喜びしそう!
キャンディの包み紙の色や柄によって、さまざまなデザインが楽しめます。リボンなどでデコレーションすると一層豪華になりますよ。

用意するもの

  • ワイヤーハンガー
  • キャンディやラムネ
    ※包み紙の両端をねじったタイプのもの
    (今回は100g入りのキャンディ7袋を使用)
  • ワイヤー入りのひも
    (ガーデニングで使用する針金が入ったコードタイプのものが便利)
  • リボンやクリスマス用の飾りなどをお好みで

作り方

1

ワイヤーハンガーを丸い形に広げます。

2

キャンディの包み紙の片側をハンガーにくくりつけていきます。

ポイント

できるだけ隙間なく、しっかりと詰めて結び付けていくことで、ボリュームが出てきれいに仕上がります。

2

ぐるりと一周キャンディを巻きつけたら、仕上げにリボンを結んで完成です。

ONE POINT

キャンディは暖房器具の近くなど温かいところに置くと溶けやすいので注意してください。ラムネなら溶けにくいので、暖かい部屋や夏場でもOKです。また、キャンディリースは意外に重量がありますから、しっかりとしたフックなどに掛けるようにしましょう。

ページの先頭へ▲


このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。