ホーム  >  プロのアイデアおそうじ術  >  第9回 トイレ&洗面所

トイレ&洗面所

1日に何度も使うトイレや洗面所は、どうしても汚れてしまいがち。
トイレはなかなか気が進まないおそうじ場所の一つではありますが、
時には念入りなおそうじで、スッキリキレイにしてみませんか?
今回は、年末の大そうじにも役立つテクニックをご紹介します。

酢水を使っておそうじ

アルカリ性の尿の汚れには酸性のお酢が効果的です。
お酢1:水6の割合で作った酢水をスプレーして、ボロ布で拭きます。この時、汚れの軽い部分から順に拭くと、1枚の布で効率良くおそうじできます。最後に細かい部分の汚れを綿棒で落としましょう。

汚れが蓄積されて便器が黄ばんでしまっている場合は、酢水でこするだけではなかなかキレイになりません。そんな時は重曹を一緒に使いましょう。ブラシを便器の水底まで差し込んで上下に動かし、便器内の水位を下げます。便器内に重曹を振りかけ、ブラシでこすった後、電子レンジで約1分加熱した酢水をかけて、30分ほど置いてから流しましょう。

トイレットペーパーを賢く使う

便器のふちの裏側は、汚れがたまりやすい所です。おそうじがしづらく汚れも落ちにくいので、まず便器のふちの裏側にトイレットペーパーを詰め込み、トイレ用洗剤を染み込ませ、30分~1時間ほど放置します。その後、トイレットペーパーごと割り箸でこすります。トイレットペーパーはそのままトイレに流せば完了です!
頑固な汚れで落ちない場合は、5㎝角に切った耐水ペーパー(1,500~2,000番)に水を含ませて、傷が付かないよう注意しながらこすり落としましょう。

便器の狭いところは“軍手”でバッチリ

ゴム手袋をした上に古い軍手をはめて、ぞうきん代わりに拭いてみましょう。便器は、デコボコや狭い部分が多いので、軍手に直接トイレ用洗剤を付ければ、汚れが気になる細かなところも指先で集中してこすることができます。

洗面台

化粧品や石けんなどの汚れを落とすには、エタノールを使用するのが効果的です。
エタノールを霧吹きに入れてスプレーして、ぞうきんで乾拭きするとあっという間にキレイになります。

ページの先頭へ▲


このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。