ホーム  >  誰にも聞けなかったマナー講座  >  結婚式に参列する時、NGの服装は?

誰にも聞けなかったマナー講座:結婚式に参列する時、NGの服装は?

結婚式に参列するとなると、頭を抱えてしまうのが「ドレスコード」です。
格式あるものからカジュアルなスタイルまで、多様化する結婚式。
気取らないパーティースタイルだからといってラフすぎる服装はNGです。
男性も女性も、晴れの日にふさわしい華やかで改まった装いを心がけましょう。
ただし、くれぐれも主役である新郎新婦より目立たないように☆

男性

男性の場合、昼間はモーニング、夜はタキシードが正式ですが、昼夜どちらでも着用できる日本独自のブラックスーツも、略礼装として十分に正式マナーの範囲内です。

服装NG集
  • ビジネススーツ
    出勤時と同じビジネススーツは晴れの場にふさわしくありません。
  • 派手な色やデザインのスーツ
    主役である新郎よりも目立つ服装は控えましょう。
  • チノパン、ジーンズ
    招待状に「平服でお越しください」と書かれていたとしても、ラフすぎる格好はいけません。平服というのは普段着という意味ではなく、「略礼装」のことです。
  • 茶色の靴に白い靴下
    靴は、手入れの行き届いた黒の革靴を。靴下も黒が基本です。

女性

女性は、昼間は肌の露出を控え、アクセサリーはパールなど光沢を抑えたものを。夜は、肩や胸元を適度に見せた服装やコサージュなどで華やかさをアピールするのも良いでしょう。

服装NG集
  • 白・黒いドレス
    花嫁の色の白一色、喪の色である光沢のない黒一色は避けましょう。
  • ヘビ革やワニ革、アニマル柄のバッグや靴
    「殺生」を連想させる素材の小物は身に着けないようにしましょう
  • フラットなパンプス
    フォーマルな場では「3センチ以上」の高さがあるヒールを。
  • つま先やかかとが露出したパンプス
    一般的には露出の少ないパンプスが正装とされています。
    特に、つま先が出る靴は「爪先が出る」=「妻が先に出る」=「妻が先立つ」と連想されるので、避けた方が無難です。
  • ミニスカート
    スカートは、膝丈より長いものを。ナマ足は厳禁。ストッキングを必ず着用しましょう。

男性の胸元をおしゃれに見せるポケットチーフのたたみ方

ポケットチーフのたたみ方はさまざまですが、最もフォーマルなのは白無地の麻のポケットチーフで、3つの山がポケットからのぞく「スリーピークス」に折るスタイルです。
セミフォーマルな服装の場合には、2つの山がのぞく「ツーピークス」や、長方形のふちをポケットと水平にのぞかせる「スクエア」でOK。
ポケットチーフの色に決まりはありませんが、ネクタイと合わるとスマート。コーディネートに困るようなら、ネクタイとポケットチーフがセットになったものを購入すると良いでしょう。

ポケットチーフのたたみ方のイメージ
ポケットチーフのたたみ方(スリーピークス)
ポケットチーフのたたみ方の順序のイメージ

和装の場合は、親族よりも格式を下げた訪問着や色留め袖を

かつては結婚式といえば和装が当たり前でしたが、最近ではすっかり少なくなりました。
親族や主賓が着る正礼装は、未婚女性なら振り袖、既婚女性なら留め袖です。
披露宴の招待客の場合は、既婚未婚を問わず、親族より一段格式が下がる準礼装の訪問着、色無地、付け下げなどを選びます。

訪問着や色留め袖のイメージ

あわせて読みたい記事


このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。

PCサイトに切り替え

スマホサイトに切り替え