ホーム  >  ちょっと気になる話  >  新しい洗濯表示はどう変わったの?

新しい洗濯表示はどう変わったの?

 「これは家で洗えるのかしら?クリーニングかな?」と日頃目にすることの多い洗濯表示が平成28年12月1日から新しいものに変わりました。これまでは日本独自の洗濯表示を使っていましたが、今後は世界共通で使用されている国際規格の記号と同じものになります。はじめは戸惑うかもしれませんが、こまめに洗濯表示を見ながら少しずつ慣れて、大切な服をより長持ちさせていきましょう。

覚えておこう! 5つの基本記号

新しい洗濯表示は「5つの基本記号」と「付加記号・数字」で構成

 新しい洗濯表示は、「洗濯」「漂白」「乾燥」「アイロン」「クリーニング」という5つの基本記号と「-」「・」などの付加記号や数字を組み合わせて表示されるようになりました。例えば、洗い方の表示については、これまで洗濯機で洗えるものは「洗濯機」のマーク、手洗いするものは「桶」のマークで表示されていましたが、新しい表示では「桶」のマークに統一されました。また、「弱」などのように日本語で書かれていた強弱の表示は、今後は線の数で表記されます。

「桶」のマークだから手洗いしかできないと勘違いしがちなので、気を付けて!洗濯機OKなものも「桶」のマークだよ。

「漂白のしかた」は、より細かな表示に

 しみが付いてしまった時などに使う漂白剤について、今までは塩素系漂白剤の記号しかありませんでしたが、今回新たに酸素系漂白剤(色柄物に使える漂白剤)のマークが増えました。

酸素系漂白剤はほとんどの色柄物に使える漂白剤のこと!

乾燥は、新たに「タンブル乾燥」の表示が追加

 乾燥については、つり干し、日陰のつり干し、平干し、日陰の平干しの4つのマークしかありませんでしたが、新たにタンブル乾燥のマークが増えました。

「タンブル乾燥」とは乾燥機の中で、洗濯物を回転させながら乾燥する方法のことだよ!
「ぬれ干し」とは、洗濯機による脱水や手でねじり絞りをしないで干すことだよ!

アイロンは、温度の表示が点の数に変更

 アイロンの温度は、これまで高・中・低と日本語で表記されていましたが、新しい表示では点マークに変わりました。

「点の数が多い方が高温」と覚えてね。

クリーニングは「マル○+P・F・W」

 クリーニングのマークは、これまでは「ドライ」と日本語で表記されていましたが、新しい表示ではマルの中にアルファベットで「P・F・W」と表記されたマークに変わりました。クリーニング店の方などが確認するマークですが、クリーニングするものかどうかが判断できるように、基本的なマークだけでも覚えておくとよいでしょう。

ウエットクリーニングとは、クリーニング店が特殊な技術で行うプロの水洗いと仕上げまで含む洗濯のこと。今回新しく増えたものだよ!

さらに詳しい情報は消費者庁のホームページをご覧ください。

・消費者庁ホームページ「新しい洗濯表示」 ・消費者庁リーフレット「記号一覧」(PDF)

ページの先頭へ▲


このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。