ホーム  >  アスリートが教える☆健康美ボディのつくり方  >  レッスン15 正しいウォーキング

レッスン15 正しいウォーキング

ランニングフォームランニングをする前に、ウォーキングから始める方も多くいるかと思います。今回は正しいウォーキングについてご紹介します。ウォーキングには、ランニングにもつながるいくつかのポイントがあります。正しいフォームを理解し、意識することで運動効果を高めましょう。

正しいウォーキング

走り慣れていない方が急に走ると、ケガや故障をしてしまうことが考えられます。
そこでまずは、ウォーキングで正しい姿勢と着地の感覚をつかみましょう。

  • 常に良い姿勢を意識する
  • 腕が体の横に来た時に、肩、腰、くるぶしの位置がまっすぐに並ぶようにする
  • 少し早歩きで行うと運動効果アップ
悪い例
  • 肩が前に出てしまう
  • 腰が丸まっている
  • 腕がだらりと下がっている
  • 腕を体の前だけで振ってしまう
Next
次回は「正しいランニングフォーム」です。

ページの先頭へ▲


このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。