ホーム  >  アスリートが教える☆健康美ボディのつくり方  >  レッスン5 体幹トレーニング

レッスン5 体幹トレーニング

体幹トレーニングはプロのサッカー選手やゴルファーが取り入れていると言われています。体幹を鍛えて体の軸(土台)がしっかりすると、パワーを無駄なく発揮でき運動能力が向上します。また、怪我の予防にもなります。さらに、姿勢が良くなる、基礎代謝がアップして痩せやすくなるなど、日常生活を送るうえでもたくさんのメリットがあります。

「ゴルフの飛距離を伸ばしたい」「ダイエットしたい」そんなあなたにおすすめな体幹トレーニング!
ぜひチャレンジしてみてください。

体幹トレーニング その1「フロントブリッジ」腹筋に効く!

  1. 1

    うつ伏せになり、肘から先を床に着けて体を支えます。
    (肘の位置は肩の下にくるようにします。)

  2. 2

    つま先はピンと立て、膝の裏を伸ばし、頭からかかとまでが一直線になった状態でキープします。目標は30秒キープ!最初は10秒くらいから始め、少しずつ秒数を伸ばしていきましょう。

ポイント:頭からかかとまで一直線に!

体幹トレーニング その2「ダイアゴナル」背筋、太ももに効く!

  1. 1

    四つん這いの状態になります。

  2. 2

    片方の手を前方に伸ばします。

  3. 3

    上げた手と反対側の足をお尻の高さくらいまで上げます。

  4. 4

    指先からかかとまで一直線になった状態をキープしたまま、左右にゆっくり動かします。
    (5往復)

  5. 5

    四つん這いの状態に戻り、逆の手足で同様に行います。

ポイント:指先からかかとまで一直線に!

体幹トレーニング その3「サイドブリッジ」腕、足に効く!

  1. 1

    横向きになり、片方の肘を床に着けて体を支え、両足はそろえて伸ばします。

  2. 2

    腰を床から浮かし体を一直線に保った状態で、30秒キープします。

  3. 3

    反対向きになり、同様に行います。

ポイント:お尻が後ろに突き出ないように!

体幹トレーニング その4「スクワット」下半身に効く!

  1. 1

    両足を肩幅くらいに開いて立ちます。胸を張り、顔、膝、つま先は真正面に向けます。

  2. 2

    息を吸いながら、ゆっくり膝を曲げていきます。

  3. 3

    太ももの裏と床が平行になるくらいまで膝を曲げたら、今度は息を吐きながらゆっくりと膝を伸ばし、スタートの姿勢に戻ります。

  4. 4

    2~3を繰り返します。
    (10~20回)

ポイント:膝をつま先より前に出さない!

ページの先頭へ▲


このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。